2013/06/05

やまがた

少し経ってしまいましたが、、

先日の山形でのLive『Dialogo - haruka nakamura quartet with Imagem』

いろいろ感無量でした。

上手く言葉にできずに言葉を探していたけど、結局まとまらない。。

印象的だったことは、山形は人も自然も寛大で温もりを感じたということ。

満席に至るまで一生懸命準備をしてくださった"山形ブラジル音楽普及協会"のスタッフの皆さん。

打ち上げの2次会で訪れた台湾料理屋さんでharuka nakamuraが流れていたのには驚いた…。

本番は本当に素晴らしい時間でした。

歴史ある建造物での演奏だったこと、黄木さん田中さんの映像とのコラボレーション、会場全体の緊張感ある空気は、スイッチを押されたかのように集中力が増して何かが変化しました。

貴重な体験をさせていただいていること、harukaさんにはいつも感謝。

関係者の方々、ありがとうございました。


父が東北大学出身ということもあり、東北贔屓の父は東北旅行を計画するのが好きで家族でもよく東北に行きました。

山形は2歳の頃?に行ったらしいですが覚えておらず。。

"山形" またゆっくり訪れたい場所の一つになりました。


 
 
 
(Live翌日にスタッフさんが連れて行ってくださった山寺にて)


0 件のコメント:

コメントを投稿