2013/07/31

ルビーの奏 Violin & Viola Duo コンサート終了

先日の日曜日、名曲喫茶カデンツァにて『ルビーの奏』Violin&Viola Duo コンサートが無事に終了しました。

お暑い中ご来場くださった沢山のお客様、カデンツァのマスター、共演者の方々、ありがとうございました♪

今回、Violaの松沼さんと演奏会を開催するきっかけになったのが、共通の友人の結婚披露宴にてデュオの演奏をリクエストされたことでした。

リクエストされたのが、モーツァルトのVnとVaのための二重奏曲Kv.423。

華やかで充実した楽曲だったので、せっかくなのでこれを機に演奏会を開きましょうか!と急遽決定。

モーツァルトのデュオをメインに、クラシック、日本の歌、映画音楽などを盛り込み、私たちにとっても楽しい演奏会になりました♪


Vn、Vaそれぞれのソロ曲も演奏しました。

私は、フランクのヴァイオリン・ソナタの4楽章を。
難しいですが、大切にしたい大好きな曲です。

松沼さんとの出会いは、以前勤務していたクロサワバイオリン。松沼さんはヴァイオリン講師としてお世話になっていました。

今回、松沼さんの生徒さんも沢山ご来場くださったのですが、その方々は私のお客様でもあったので、懐かしい顔触れにMCは思い出話や思い出し笑いなど!?

終演後に、お客様から笑い過ぎ!と言われました…。汗


客席の皆さまは、終始温かい雰囲気で見守ってくださり(?)、難曲も安心して演奏できました。

VnとVaのデュオで演奏する機会はなかなかないので、今回お互いの楽器の役割について深く考えたりとても勉強になりました。

低音フェチの私には、やはりVaの重厚な響きはたまりません!

とても楽しい時間をありがとうございました*

ご協力いただいたクロサワバイオリンさんにも感謝*


(左Pf:神作名帆子さん 中Vn:根本理恵 右Va:松沼夕夏さん)
 
 
名曲喫茶カデンツァのマスターが当日の模様をブログに書いてくださいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿